CARTWHEELについて

カートウィールイメージキャラクター カート君
「子どもたちの可能性を広げたい」

身体が小さく喘息だった私を心配していた母は、ある日、側転で道端を横断していく子どもたちを見て
「これやっ!」と思い、7歳の私を体操教室に入れました。

それから20年以上が経った今、私は元気な体を手に入れたのはもちろん、オリンピックで金メダルを取る事も出来ました。

そんな人生の中で、 色々な経験を通して沢山の人に出会い、その度に人間の可能性に驚かされてきました。
「出来ない」「無理だ」と本気で思っていたことも出来るようになる!
それは決して才能ではありません。最後まで出来ると信じ諦めない心です。

考えてみると、行動する前に自分で無理だと決めつけて、諦める方は多いのではないでしょうか。
夢を実現していく人は才能のある人ではなく、「出来る!」と信じて最後まで諦めない人です。
子どもたちには体操を通じて、
・体を動かすことの楽しさ
・何事にも前向きにチャレンジすることの素晴らしさ
・「できない」や「失敗」も大事だということ
・「自分はどうしたいのか」「自分はどう思っているのか」を考えることの大切さ
を伝えていきたいと思っています。

その中で、たくさんの「出来た!」を経験してもらい、『やれば出来るんだ』と自分を信じる心を育てていきたいと思っています。

『やれば出来る!』
『最後まで諦めない!』

子どもたちには自分の可能性を信じ、大きな夢に向かって頑張って欲しいと願っています。

会社の名前には、私が体操を始めるきっかけになった「側転」、 英語表記で「CARTWHEEL」とさせていただきました。
今後、子どもたちのきっかけになれるような笑顔あふれる体操教室の運営、そしてどんな子どもたちも体操が好きになれるような楽しくて可愛いオリジナルの体操グッズの開発・デザインをしていきたいと思っています。

体操を通じて社会に貢献していけるような企業を目指しています。
宜しくお願い致します。

2010年2月8日 米田功
米田功