お知らせ -最新情報-

カテゴリー

アーカイブ

[ スタッフブログ ] 2020.02.27
『人の心をつかむ極意』
こんにちは!有水愛佳です。最近は、感染症が流行っていると聞きます。私はマスクや消毒などをして感染症の予防をするようにしています。皆さんも元気よく過ごせるように気を付けてくださいね!

さて、今回読んだ本は「人の心をつかむ極意」という本です。
この本の著者は実演販売士のレジェンド松下さんです。テレビ番組にもよく出演されていますので、ご存知の方もいると思います。
実演販売をみると、私は買うつもりが無くても、「もう少し見たいなー」や「ちょっと実物をお店で探してみようかな」という気持ちになります。なぜでしょうか…。

また、レジェンド松下さんが体操クラブの先生になったらどんな指導をするのでしょうか。きっと子どもたちは興味津々で、また保護者の方も引き込まれるような授業になると思います。

20200227-gokui.jpg
[ スタッフブログ ] 2020.02.07
『子どもの心のコーチング』
こんにちは。牧 優花です!
2020年!東京オリンピックの年を迎えました。初めての経験なのでとても楽しみにしています。そして私は、1月で入社して3年目に入りました。月日が経つのを早く感じます。日々発見があり、子どもたちの笑顔や感動を身近で体験し、とても素敵なお仕事をさせて頂いているなと感じています。
インフルエンザ等が流行っていますが、体調管理には気をつけて2020年も元気に頑張りましょう!

さて、今回私が読んだ本は、「子どもの心のコーチング」です。教室の始めに10個のテーマを子どもたちに伝えています。私自身にも言える事であり、とても大切な事だと思います。運動能力向上だけではなく、気持ちの面でもサポート出来るようになりたいと思い、この本を選びました。

20200207-心のコーチング.jpg
[ スタッフブログ ] 2020.01.30
『ほめ言葉の力』
こんにちは。大村幸輝です。
みなさん、体調の方はどうでしょうか??
最近ではインフルエンザや新型ウイルスが流行っていて、体調管理が本当に大切な時期ですね...。
まだまだ気は抜けません!
手洗いうがい、マスクなどでしっかり予防しましょうね!
さて、今回私が読んだ本は、和田秀樹さんの『ほめ言葉の力』です。
この本を選んだ理由としては、私自身、今まで「ほめる、ほめられる」という経験が少なく、子どもたちと関わっていく中で、「ほめる」という経験がたくさん増えました。ただ、本当にほめたことが伝わっているのか、子どもたちの力になっているのかを知る為に、この本を選びました。
参考になった部分をまとめました。

20200130-Homekotoba.jpg
[ スタッフブログ ] 2020.01.09
『あなたのチームは、機能してますか?』
こんにちは、藤岡修です。
皆さま、明けましておめでとうございます!2019年はどうでしたか?僕自身は、色々な変化や経験、チャレンジをしたりとあっという間に過ぎたように感じました。今年、2020年は自国開催のオリンピックがあり、第2回High-Fiveもありますね!また、米田功体操クラブでは江古田教室もスタートします。2020年も変化や楽しみがたくさんあり、楽しみです!!

さて、今回僕は『あなたのチームは機能してますか?』という本を読みました。
はじめにこのような格言が書かれていました。

20200109-team.jpg
[ スタッフブログ ] 2019.12.30
『習慣を変えれば人生が変わる』
こんにちは。牧優花です!

寒さがまたいちだんと厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じられる頃となりました。今年も残りわずか…1年間、ありがとうございました!体調管理には十分に気を付けて来年度も楽しく体を動かしながら健康な体を作っていきましょう!

さて、今回私が読んだ本は「習慣を変えれば人生が変わる」です。以前、米田先生に「夢をかなえるゾウ」の本を頂き、実行し習慣にする事が大切だと感じました。そんな中で、「習慣を変えれば人生が変わる」という言葉に惹かれこの本を選びました。

20191229-change your habits.png
[ スタブロ(永久保存) ] 2019.12.06
『夢をかなえるゾウ2〜ガネーシャと貧乏神』
こんにちは。佐藤亘です。

ちょっと前まで11月の割には暖かいかな〜と思っていたら、あっという間に息が白くなる日がやってきました。12月にもなれば当然、寒い日が続きますので、皆さん体調管理には気をつけてお過ごし下さい。

さて、今回私は『夢をかなえるゾウ2〜ガネーシャと貧乏神』という本を読みました。
つい先日、このシリーズの前作を米田先生から紹介していただきました。
ガネーシャという象のような姿をした神様が、誰にでもできるような小さな行動を実行することで、『人は誰でも変われる』ということや、『成功するための秘訣』を教えてくれるという物語です。
ガネーシャが教えてくれる1つ1つの教訓に共感、感心をしつつ、物語の展開にわくわくしながら読み進めることができ、とても面白かったので、1作目を読み終えてすぐにこの2作目と3作目を購入しました。

20191206-B027C72A-474F-459E-8805-69E8760024A9.jpeg
[ スタッフブログ ] 2019.12.02
『一生折れない自信のつくり方』
こんにちは。大村幸輝です。
いつの間にか冷え込む季節となり、今年も残すところ1ヶ月となりましたね。
本当に時間の経過が早く感じます...。
しかし、教室に入れば、子どもたちの元気いっぱいな姿や笑顔を見て、寒さなんて吹き飛んでしまいます!
子どものパワーは凄いものだなと実感している毎日です。
さて、今回私が読んだ本は、青木 仁志さんの『一生折れない自信のつくり方』です。
この本を選んだ理由としては、自信を持つ、ということは、なかなか難しいものだと感じます。

null
[ スタブロ(永久保存) ] 2019.11.29
『子育てプリンシプル』
こんにちは。西村由貴です。

気づけば、残り約1ヶ月で一年が終わろうとしていますね。
最近、一年が過ぎるのを早く感じます。
我が子に少し手がかからなくなり、自分の時間が持てるようになってからますます早くなった気がします。
日々のレッスンの中で子どもたちと過ごす時間は、新しい発見と刺激と幸せに溢れています。
それも一年が早く感じる一つの理由かなと思います。

レッスンをしていると、子どもたちが可愛くて仕方なかったり、元気の良すぎる子と一緒になって元気を出しすぎてヘトヘトになったり、泣いてレッスンに入れない子を抱っこしてみたり…
ちょっと大袈裟な言い方でおこがましいのですが、2回目の子育てをしてる気持ちになる時があります。
もちろん、体操を教えているのですがそれだけにとどまらないというか…
レッスンの中で
「自分が取った行動は間違っていたかもしれない」
「もう少しこうしておけばよかったのではないか」
とほぼ毎日葛藤してます。
そういう時に私が読み返す本が
奥田 健次さんの「子育てプリンシプル」です。(プリンシプル=原理、原則)

20191129-kosodate.jpg
[ スタッフブログ ] 2019.10.29
『「ふつうの子」なんて、どこにもいない』
こんにちは!有水愛佳です!
今回は『「ふつうの子」なんて、どこにもいない』という本を読んでみました!

20191029-『「ふつうの子」なんて、どこにもいない』.jpg

本を探している時、この本に目が止まりました。素直に「ふつうの子」ってどんな子なんだろう、と思ったからです。
ふつう、ふつう、、、と考えると、何がふつうで、何がふつうではないのかすぐに浮かびませんでした。しかし、よく「ふつうならわかるよね」、「ふつうはこうやってやる」など日常的に「ふつう」という言葉を聞いたり使ったりするなと思いました。このことが気になり読んでみることにしました。

この本の舞台は小学校です。小学校の初代校長が、この本の著者の木村さんです。現在は、校長を退職、講演会やセミナーで全国を回っているそうです。
[ スタッフブログ ] 2019.10.06
『コーチ』
こんにちは。佐久間萌子です!
今回私が読んだ本は米田先生にお借りした「コーチ」という本です。

20191006-E65662C6-1DC7-44B3-B790-B4186BD66830.jpeg

私は今年の4月から選手コースを見させていただいています。指導をさせていただくなかで、私が思っていることを伝えても目の前の選手は私の思っているように必ずしも動けるとは限りません。こうなってほしいと思っていてもなかなか自分の思うようにできず改めて指導するって難しいなと感じます。そんな時に「コーチ」という文字が目に入りとにかくこれ読んでみたい!と「コーチ」の文字に強く惹かれ、米田先生にお借りすることにしました。