お知らせ -最新情報-

[ スタッフブログ ] 2018.02.19
『仕事の質は職場の人間関係で決まる』
こんにちは!今回のスタッフブログは久保田和貴です!
インフルエンザが猛威を振るった冬でしたね。体操教室もインフルエンザでお休みをする子が続出…。僕が今まで働いていた中で一番、インフルエンザでお休みをする子が多い冬だったと思います。もうすぐ春です。年度の締めくくりの時期になってきました。万全な形で締めくくれるよう、体調管理に気をつけましょう。僕の春は花粉との闘いです…(笑)。
[ スタッフブログ ] 2018.02.01
『はきものをそろえる』
米田功体操クラブでは4月から"靴をそろえる"ことをテーマに、教室に通ってくれている子どもたちに伝えていきたい事の1つとして、この取り組みをスタートしようとしています。
実は去年からスタッフと選手コースの子どもたちの間では気づいたら'靴をそろえる'ということを習慣にしようとやってきました。

靴をそろえるとすっきりしますし、なぜか後から入ってきた子たちも自然に靴をそろえてくれる!おぉ!いい連鎖が起こってる!と気づけたときは嬉しいです!

"はきものをそろえると心もそろう"と言う言葉を聞いたことはありますか?
[ スタッフブログ ] 2018.01.29
『諦める力』
みなさんこんにちは!藤岡修です。2018年になり、気づけば1月の後半になりました。2018年は、自分の中でチャレンジの年だと思っています。4月にみなとみらい教室がオープンするにあたって失敗をしたり、新しいことをしてみたりと多くのことを学ぶことができると思います。自分自身、人として指導者としてさらに成長していきたいと考えています。また、ゆうか先生やまなか先生、もえ先生と新しい先生が増えます。場所が変わり、人も増えて色々なことが大きく変化する年だと思います。これからどのように米田功体操クラブが変わっていくのかがすごく楽しみですね!

 さて、今回読んだのは「諦める力」という本です。著者は、陸上の400メートルハードルで有名な為末大さんです。為末さんは、世界選手権で銅メダルを獲得されていてトラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者です。そんな為末さんの考え方や生き方について書かれている本になります。少し内容をご紹介いたします。

[ スタッフブログ ] 2018.01.25
『「感謝」で思考は現実になる』
こんにちは。
美濃部さゆりです。

今回私は「『感謝』で思考は現実になる」という本を読みました。

感謝をするだけで願いがかなう…本気?
半信半疑でこの本を読むことにしましたが、この本で言っている『感謝』はそんなに薄っぺらいものではありませんでした。
ここでいう感謝は『猛烈な感謝』『見境のない感謝』と呼ばれるもので、この『猛烈な感謝』をすることで私たちの願いがかなうというのです。
[ スタッフブログ ] 2018.01.01
『子どものやる気』
2017年ももう終わり、2018年が始まりましたね。
明けましておめでとうございます。

社会人一年目も終わるのが早く感じましたが、社会人ニ年目はもっと早く感じました。
大人になると一年が過ぎるのが早く感じるとよく言いますよね。感受性豊かな子どもの頃の経験は新鮮な驚きに満ちているため、経験の内容が豊富で長く感じられ、大人になるにつれて新しい感動が少なく単調になり、時が早く過ぎるように感じるそうです。
私にとってこの一年は感動や学びがたくさんあったような気がしますが、なぜか一瞬のように一年が過ぎてしまいました。

さて、スタッフブログを書くにあたって今回読んだ本は『アドラー心理学で「子どものやる気」を引き出す本』です。指導をする立場として、気分によって左右されてしまう子どもたちのやる気を引き出すというのはとても難しい事です。みんながやる気を持って取り組める教室作りを目指すために何かヒントを得る事が出来ればと思い読んでみました。
[ スタッフブログ ] 2017.12.26
『子育てにおける親の価値観の大切さ』
先月、11月23日に第3回交流会を行いました。
参加して下さった皆様ありがとうございました。
短い時間でしたが、普段と違う場所で体操の器具を体験したり、色々な先生と触れ合ったり、同じ年代の選手クラスの技を見たり、楽しい時間を過ごしていただけたでしょうか。

交流会では、毎回米田先生と横並びに、指導者が子どもたちのTシャツにサインを書くという不思議な光景を見ます。なかなかオリンピックメダリストと横並びに、一般の指導者がサインする機会は少ないと思いますが、子どもたちにとって体操を教えてくれる先生は、まるで大好きなヒーローのようで存在なのでしょうか。皆さんから愛されてる感じです。
そんな光景を見ると、本当に嬉しいなぁ、有難いなぁ〜と思いながら、体操クラブとしてもっともっと期待に応えるように、人間性、指導力、色々なものをパワーアップしなきゃと感じることができた時間でもありました。

[ スタッフブログ ] 2017.11.18
『PEPTALKペップトーク』
こんにちは、中村周平です。11月に入り寒さも感じるようになりましたね、今年もあと2ヶ月で2018年を迎えます。月日が経つのははやく、時間を上手く使わないとあっという間に1日が過ぎてしまいますね!事前準備をしっかりして無駄のない1日を過ごしたいと思います!

さて今回のスタッフブログはたった1分で相手をやる気にさせる話術「PEPTALKペップトーク」著者、浦上大輔氏の本を読みました。ペップトークとはアメリカで誕生した人を「励ます技術」を「ペップトーク」と呼ばれているそうです。やはり指導しているとどんな言葉をかけると相手にスイッチが入るかを考えますが、そう上手く相手に響くわけじゃありません、でも上手な人は相手を理解し、言葉を選び行動に繋げます。

それでは、ここから本の内容で僕自身が特に良かったと思う部分を抜粋し紹介したいと思います。

[ スタッフブログ ] 2017.11.04
『色のチカラ』
こんにちは、藤岡修です。11月に入り、気温が一気に下がって寒くなりましたね。体調管理やこれからの季節はインフルエンザなどもあるので手洗いうがいをこまめに行うようにしましょう。また、10月にはカナダのモントリオールで世界選手権が開催されましたね。世界選手権をテレビで見ていてやっぱり体操は面白いなと感じました。白井選手の活躍がすごかったですね。ひねり王子と言われていたのが、今では個人総合でも世界の選手と互角に戦っていましたね。これからの更なる進化が楽しみですね。
[ スタッフブログ ] 2017.10.09
『原点』
『原点』

こんにちは。今回のスタッフブログは久保田和貴です。
もう10月ですね!教室に通ってくれている子どもたちはまだまだ汗だくになりながら体操を楽しんで頑張っています。季節の変わり目ですね。体調管理にはくれぐれも注意していきたいです。子どもたちも、スタッフも、万全な体で元気いっぱい教室を楽しみましょう!

さて、今回僕が読んだ本は「道をひらく」(著 松下幸之助)です。この本を読んで僕は松下幸之助さんの物事に関する捉え方、人としての考え方に感銘を受けました。この本で書いてあることは、普段僕たちが生活をしている中で忘れがちな人としての考え方の原点、素直さ、そういったことに気づかされることばかりです。心が洗われるような感じです。また、短編集のような構成なのでとても読みやすく、270ページがあっという間に終わりました。それでは本の一部を紹介させていただきます。

[ スタッフブログ ] 2017.09.06
『「言葉にできる」は武器になる』
夏休みも終わり、学校や幼稚園、保育園が始まりましたね。みなさんは楽しい夏休みを過ごせましたでしょうか?私は8月の中旬に実家の石川県へ帰らせていただき、家族とお寿司を食べに行ったりゆったりとした時間を過ごしてリフレッシュする事できたので、また指導の方も力を入れて頑張っていきたいと思います。

さて、今回スタッフブログを書くにあたって読んだ本は、「『言葉にできる』は武器になる。」と言う本です。子どもたちに体操やトランポリンを教えていく上で言葉は欠かせません。
いかに多くの子どもたちにポイントを伝えられるか。子どもたちの心に響く言葉を生み出せるか。に繋がりそうだと思った内容をいくつか書いていきたいと思います。