こんにちは。牧優花です!

寒さがまたいちだんと厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じられる頃となりました。今年も残りわずか…1年間、ありがとうございました!体調管理には十分に気を付けて来年度も楽しく体を動かしながら健康な体を作っていきましょう!

さて、今回私が読んだ本は「習慣を変えれば人生が変わる」です。以前、米田先生に「夢をかなえるゾウ」の本を頂き、実行し習慣にする事が大切だと感じました。そんな中で、「習慣を変えれば人生が変わる」という言葉に惹かれこの本を選びました。

20191229-change your habits.png

▪自尊心と意志力を身につける
成功と幸福は、自尊心と意志力に大きく左右される。この2つの資質は、自分がすると言ったことをやり遂げ、状況が不利なときでも目標に向かって邁進するうえで決定的な要因となる。自制心と意志力があれば、人生で大きなことを成し遂げることができる。もし自制心が足りないと感じるなら、達成可能な小さな目標を設定することから始めるといい。自分がすると言ったことをやり遂げないなら、ネガティブな結果をもたらす。目標を達成できず、そのために自信を失い、自尊心が低くなる。自制心と意志力を身につけて物事をしっかりやり遂げる必要がある。

私は、この本を読んで毎日やる事リストを書き出し、そこをクリアに出来るように行動しています。教室では授業の際にとび箱で「今日はしっかり走ることを伝えよう!」「大きなパーを伝えよう!」と今日1日で必ず伝えたい事を明確にし、授業に入るようにしました。そうすると子どもたちの変化をより感じれるようになりました。子どもたちの変化に気づく事ができ、その変化がとても楽しくて嬉しい気持ちになります。そういった毎回の積み重ねが子ども達の成長に繋がり、自分自身の成長にも繋がるのだと感じました。

▪ポジティブな思考を選ぶ
人生を改善したいなら、最初にしなければならないのは自分の思考を改善することだ。思考が現実をつくり出しているから、それをコントロールしなければならない。自分の思考をコントロールすることによって、究極的に人生の指導権をにぎることが出来る。つねにポジティブに思考しよう。ポジティブに考える人は、人生になんの問題も存在しないと考える夢想家ではなく、問題を成長の機会と捉え、何からの教訓を秘められていると考える現実主義者である。ポジティブな思考とは、現実をあるがままに見て、それを受け入れて最大限に生かすことである。だからたえず自分の思考を注意深く観察しよう。

授業を行なっている中で、毎回反省はありますが、いい一面も振り返る事で子どもたち一人一人の特徴などが感じられるようになりました。「次のプログラムではどんな事をしてみようかな?」、「次回子どもたちが来た時にどのように取り組んでくれるのかな?」など考えるのが楽しくなってきました。
ポジティブな思考に物事を考える事で、物事の捉え方も変わってくるのだと思っています。この本を読んで、まずはネガティブな思考が浮かんだら、それをポジティブな思考に変える練習をしていきたいと思います。また、通ってくれている子どもたちが楽しく体を動かし、技術向上出来るように考え方を見つめ直し、指導者として成長出来る様にこれからも頑張っていきたいと思います。

▪時間を管理する
優先順位を決めて、どの活動に時間を投資するか選択しよう。自分の時間を大切にすると、周囲の人もあなたの時間を大切にしてくれるようになる。

▪感謝の気持ちをもつ
毎日、自分がもっているものに感謝すれば、感謝したいことをもっと引き寄せることができる。感謝の気持ちはあなたにエネルギーを与え、自尊心を高める。それは心身の安定と直接関わっている。感謝の気持ちは幸せに繋がり、怒りや妬み、恨みに対する最高の解毒剤になる。感謝の気持ちを性格の一部にしよう。

私は時間を管理する・感謝の気持ちをもつという事は人として大切な事だと思っています。時間を守る、管理をするなど気をつけてはいますが、出来ていない時があります。この本を読んで、テレビを見る時間を1時間減らしてみることや1時間早く起きてみるなど、優先順位を決め、賢く時間を使う事が大切だと気づきました。体操教室も1時間という貴重な時間の中で子ども達に沢山の事を伝えていけるように、1時間をより充実した時間になるよう、頑張りたいと思います。
また、感謝の気持ちをもつという行為もポジティブな思考にする1つだと感じました。日常にはたくさんの感謝する事があると思います。しかし、後で伝えようと思って忘れてしまったり、当たり前になってしまって伝えれてなかった事があったなと感じました。感謝の気持ちを忘れず、私に関わってくれている方々に、先延ばしにせず思った時に伝えていきたいと思います。毎日5回以上「ありがとう」を伝えていきます。また、私もたくさんの方に感謝して頂けるような人になりたいと思います。

私はこの本を読んで、高校生の時の体操部の部室に「意識が変われば習慣が変わる、習慣が変われば行動が変わる、行動が変われば人生が変わる」という文を貼ってあったのを思い出しました。高校生の時は何気なくやっていた行動でしたが、今は大切な事だったんだと感じています。体操を通じて学んだ事をを大切にし、継続していきながら、体操をやっていた経験を多くの子どもたちに伝えていけるように頑張ります。これからもよろしくお願い致します。