お知らせ -最新情報-

[ スタッフブログ ] 2010.10.30
『フル・エンゲージメント-1』
ジム・レーヤー博士をご存知でしょうか。

20101030-[Jim Loehr].jpg

スポーツ選手がプレッシャーの中で実力を最大限に発揮するにはどうすればいいかという研究を続け、数々のプロスポーツ選手を成功に導いたスポーツ心理学の権威です。
現在はフロリダ州オーランドにて、ジュニアのテニス選手育成とともに、ビジネス界などを対象に「コーポレート・アスリート」というプログラムを提供されています。
[ スタッフブログ ] 2010.10.22
「指導で意識すること」
こんにちは、中村です!少し寒くなってきましたね!
最近僕は、産まれてから1度も花粉症になっていなのに奏先生に、中村コーチ花粉症じゃない?と言われてもしかして俺、花粉症?って思っている中村です!

冗談はさておき、今日のテーマ「指導で意識すること」を進めたいと思います。

米田功こども体操教室がスタートしてから早くも7ヵ月が経ちました!
体操教室に参加してくれる子どもたちの人数もどんどん増え、とても賑やで毎週楽しみにしています!
[ スタッフブログ ] 2010.10.15
‘本番で力を発揮するためにはどうすればいいか’
こんにちは。米田功です。
今年から子どもたちと体操を通じて関わることが多くなり、もっと教育について勉強したいなと思いながら読んでいたPHP文庫の「頭のいい子が育つパパの習慣」著者 清水克彦氏の本にこんなことが書いてありました。
[ CSR活動報告 ] 2010.10.12
体操教室&講演会
2010年10月5日(火)午前中(3、4時間目)
中野区立啓明小学校 体育館 http://homepage3.nifty.com/nk-keimei-e/
にて体操教室と講演会を行ってきました。

内容は、
前半…体操教室(約45分・全校生徒参加)
後半…講演&質疑応答(約45分・4年生以上の生徒が参加)

前半:
・体育館に全校生徒(350名)と父母を集めて、体操教室。

・全員が体験するのは難しいので、各学年から4-5名位づつ希望者を募って、24-30名程度で体験。他の生徒は座って見学する。
・倒立や前転、側転、とび箱など、基本的な技でも、選手の体の使い方は全く違う。そうした本物の技を実際に見るだけでも、子どもたちには貴重な機会。子どもに指導するだけでなく、ぜひ見本演技を見せてあげてほしい。
・新体操やチアダンスなどを習っていて、柔軟性もあり少し高度な技ができる子どももいるので、そうした子どもたちにもアドバイスしてほしい。
・体験する生徒以外もコミュニケーションできるよう、質問コーナーなどで米田選手に質問する機会なども設ける?

後半:
・体操教室の後、少しの休憩や片付け、準備をはさんで、講演会。
・1-3年生あたりは、大人しく話が聞けないかもしれない、とのことで、退場。
・4年生以上の生徒と、父母向けに講演をお願いしたい。
・学校側としては、米田選手の歩んできた軌跡を話していただき、生徒たちに、あきらめることなく夢をかなえることの大切さを感じ取ってほしい。

こういった要望のもと、子どもたちと楽しい時間を過ごしてきました。
[ スタッフブログ ] 2010.10.09
『言葉がけ』
こんにちは!!今回のスタッフブログは小川奏が担当します、よろしくお願いします。
最近、急に寒くなってきましたが体調を崩していないですか?私は季節の変わり目にいつもアレルギー症状で悩まされます・・・。寒い冬は凄く苦手ですが頑張って寒さを乗り越えていきたいと思います(笑)

さて、今回のテーマは「言葉がけ」です。