こんにちは、中村周平です。リオオリンピックすごかったですね!僕は、体操の田中佑典選手が平行棒と鉄棒で完璧な演技をした後の表情と、内村航平選手の個人総合鉄棒の着地まで決めた完璧な演技がすごく印象に残っています!色んな感情や葛藤と向き合いながらも、自分を信じて一度しかない本番で完璧な演技を出すという集中力は本当に感動で興奮しました。

今回のスタッフブログは「見抜く力」著者 平井伯昌競泳日本代表ヘッドコーチの本を読んでまとめてみました。平井コーチといえば、競泳日本代表のヘッドコーチであり北島康介選手や萩野公介選手など数々のメダリストやオリンピアンを指導されて水泳界にも世間にも影響を与えられています。今回僕がこの本を読んだ理由は、もっと「その人の性格や人間性」を見て、人と関われるようになりたいと思ったからです。

ではここから平井コーチの本を読んで、印象に残った箇所を書いていきたいと思います。