お知らせ -最新情報-

カテゴリー

アーカイブ

[ スタブロ(永久保存) ] 2020.09.11
『1秒で「気がきく人」がうまくいく』
こんにちは!
長田瑞稀です。
今回は " 1秒で「気がきく人」がうまくいく " という本を本をご紹介していきます。
なぜ私がこの本を手に取ったのか、それは私自身、足りていないところだと思ったからです。

20200911-IMG_4397.JPG

私が思う"気がきく人 " とは" 頭の良い人 " なのだと、思っていました。

皆さんが思う気がきく人とはどんな人ですか?

私はこの本を読んで、「気がきく」とは、やさしさを、【行動、言葉、態度で表現する】ことだと知りました。
ご紹介したいものはたくさんありますが、特に心に残ったものを2つご紹介していきたいと思います!

[ スタブロ(永久保存) ] 2020.09.11
『学校の「当たり前」をやめた』
こんにちは、藤岡修です。
6月から教室が再開して、3ヵ月が過ぎました。子どもたちはたくさん汗をかきながらも楽しそうに身体をいっぱい動かしています!子どもたちの笑顔をまた見ることができて、ほっとしている自分がいて、嬉しい気持ちになります。状況的には変わらないので、消毒やマスクの着用等は継続していきます。そして、改めて今まで教室ができていたことは当たり前ではないと実感させられました。
また、この5月から米田功体操クラブは、YouTubeを新たな取り組みとして始めました。そして、先日チャンネル登録者数が500人を突破しました。よく見ています、とお声がけされたりと、ありがとうございます!これからも色々な動画を配信していく予定ですので、楽しみにしていて下さい!

20200710-51fQ9IGdwgL.jpg

さて、今回僕は『学校の「当たり前」をやめた』という本を読みました。
[ スタブロ(永久保存) ] 2020.08.02
『プロフェッショナル』
こんにちは。佐藤はやみです。
今回は『プロフェッショナル』をテーマにブログを書いていこうと思います。

20200802-Unknown.jpg

米田功体操クラブでは指導のプロとして現場に立って下さいと言われています。
プロってなに?どういうこと?と、このクラブに来た当初は思っていました。毎日忙しく過ぎていき、いろんな先生から振り返りをしていただいていましたが毎日頭の中はパンクしてました。笑

毎日どんな気持ちで仕事をしていて、仕事に楽しみを見つけているのか。それとも日々やることだけをやって終わっているのか。
私自身、社会人になって9年目になりますが、9年を振り返るだけでもいろんな気持ちになったことを思い出します。
[ スタブロ(永久保存) ] 2019.12.06
『夢をかなえるゾウ2〜ガネーシャと貧乏神』
こんにちは。佐藤亘です。

ちょっと前まで11月の割には暖かいかな〜と思っていたら、あっという間に息が白くなる日がやってきました。12月にもなれば当然、寒い日が続きますので、皆さん体調管理には気をつけてお過ごし下さい。

さて、今回私は『夢をかなえるゾウ2〜ガネーシャと貧乏神』という本を読みました。
つい先日、このシリーズの前作を米田先生から紹介していただきました。
ガネーシャという象のような姿をした神様が、誰にでもできるような小さな行動を実行することで、『人は誰でも変われる』ということや、『成功するための秘訣』を教えてくれるという物語です。
ガネーシャが教えてくれる1つ1つの教訓に共感、感心をしつつ、物語の展開にわくわくしながら読み進めることができ、とても面白かったので、1作目を読み終えてすぐにこの2作目と3作目を購入しました。

20191206-B027C72A-474F-459E-8805-69E8760024A9.jpeg
[ スタブロ(永久保存) ] 2019.11.29
『子育てプリンシプル』
こんにちは。西村由貴です。

気づけば、残り約1ヶ月で一年が終わろうとしていますね。
最近、一年が過ぎるのを早く感じます。
我が子に少し手がかからなくなり、自分の時間が持てるようになってからますます早くなった気がします。
日々のレッスンの中で子どもたちと過ごす時間は、新しい発見と刺激と幸せに溢れています。
それも一年が早く感じる一つの理由かなと思います。

レッスンをしていると、子どもたちが可愛くて仕方なかったり、元気の良すぎる子と一緒になって元気を出しすぎてヘトヘトになったり、泣いてレッスンに入れない子を抱っこしてみたり…
ちょっと大袈裟な言い方でおこがましいのですが、2回目の子育てをしてる気持ちになる時があります。
もちろん、体操を教えているのですがそれだけにとどまらないというか…
レッスンの中で
「自分が取った行動は間違っていたかもしれない」
「もう少しこうしておけばよかったのではないか」
とほぼ毎日葛藤してます。
そういう時に私が読み返す本が
奥田 健次さんの「子育てプリンシプル」です。(プリンシプル=原理、原則)

20191129-kosodate.jpg
[ スタブロ(永久保存) ] 2019.08.22
『人生を逆転する学校』
こんにちは。佐藤はやみです。
猛暑日が続いておりますが、みなさまは体調は大丈夫でしょうか。
こまめに水分をとり、脱水症状にならないように気をつけてお過ごしください。

さて、今回は"人生を逆転する学校"という本を読みました。

20190822-51B90B71-47F7-485E-AE5A-5CE6D5E16165.jpeg

この本は著者である宮澤保夫さんがつるゼミという塾の立ち上げから、学校設立や増設をしていくなかでのさまざまな思いや苦悩が書かれている本でした。宮澤さんの『子どもたちの為ならなんでもやる!』という強い情熱は子どもたちの居場所を作り、子どもたちに希望を与えることに繋がっていました。
宮澤さんの行動力にとても驚かされると共に、私自身、こんな素敵な先生に出会いたかった!星槎に行ってみたい!と感じました。宮澤さんの子どもたちをどうにかしてあげたいという熱意がこの本を読んでいても感じたので、実際に宮澤さんと関わってきた子どもたちは凄く影響を与えられたのではないかと思います。

では本の紹介をしていきます。
[ スタブロ(永久保存) ] 2019.04.03
『人を操る禁断の文章術(メンタリズム)』
こんにちは。佐藤亘です。

2018年度を振り返って、お子様たちのどんなところに成長を感じていますか?
教室に泣かずに入れるようになった。
先生の話を聞けるようになった。
側転が上手になった。
自信を持てるようになった。
笑顔が増えた。などなど・・・。
それぞれに感じられる成長があると思います。

私にとっては環境が変わり、生活が変わり、立場が変わり、激動の1年間でした。
クラブに通ってくれるたくさんの子どもたちや保護者の皆様のお陰様をもちまして、毎日を楽しく過ごしながら自分自身の成長をも噛みしめることができました。ありがとうございました。
[ スタブロ(永久保存) ] 2019.01.12
『成長の法則』
こんにちは!佐久間萌子です。あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。さて、2018年はみなさまにとってどんな1年だったでしょうか。私は4月に入社して、競技をする側から指導する側へと変わり、子どもたち、そして先生方からたくさんのことを学ばせていただいた1年になりました。このような環境にいること、とても感謝しています。昨年を振り返る中で、指導者として、また人として、もっともっと成長したいと思い、今回、「成長の法則」という本を読みました。
この本には、著者自身が試行錯誤の結果、見つけた「成長の黄金律」が書かれていました。いくつか紹介したいと思います。
[ スタブロ(永久保存) ] 2018.02.01
『はきものをそろえる』
米田功体操クラブでは4月から"靴をそろえる"ことをテーマに、教室に通ってくれている子どもたちに伝えていきたい事の1つとして、この取り組みをスタートしようとしています。
実は去年からスタッフと選手コースの子どもたちの間では気づいたら'靴をそろえる'ということを習慣にしようとやってきました。

靴をそろえるとすっきりしますし、なぜか後から入ってきた子たちも自然に靴をそろえてくれる!おぉ!いい連鎖が起こってる!と気づけたときは嬉しいです!

"はきものをそろえると心もそろう"と言う言葉を聞いたことはありますか?
[ スタブロ(永久保存) ] 2017.08.19
『米田功体操クラブの最強?メンバーを紹介』
こんにちは、暑い日が続きますが体調など崩していませんか?
前回のスタッフブログで瀬尾先生が「あなたのチームは機能していますか?」という本を紹介してくれました。米田功体操クラブも指導者が増え、チームとして動き出した感じがあります。
体操クラブの目指すチームとは?
チームとして個々が役割を理解し、お互いを信頼、認め合いながら進めるように。また、通ってくれている子どもたちや保護者の方にもチームの魅力が伝わるように、打ち出していく事が必要だと思っています。
そこで今回は改めて米田功体操クラブの最強?メンバーを紹介していきたいと思います。ご存知の方も多いとは思いますが、先生方が自分分析したものと私の個人的感想を踏まえながら紹介していこうと思います。

まず、先生方の紹介をしようと思い、先生みんなに「紹介をしようと思っているから、経歴と自己PR的なものを私に送ってほしい」とお願いをしました。その結果、送ってくれた内容や書き方がすでに個性的でした。そのまま載せても楽しいブログになりそうですが(笑)少しまとめながら進めたいと思います。